風能奈々展 「このために生まれた」

Jun 4, 2024 — Exhibition: Solo
SHARE

この度小山登美夫ギャラリー天王洲では、風能奈々展「このために生まれた」を開催し、新たな展開を見せる新作ペインティングを発表いたします。

風能奈々、および作品に関して
ー愛しい存在との時間が生んだ作品の遷移ー

――――――――――――――――――――――
「すぎゆく時間と愛するものの死と、生きている不思議と死んでいる不思議。この世界を透明な目で見続けること。そしてもちろん絵を描いていくこと。このために生まれました。」
風能奈々
――――――――――――――――――――――

風能は自らの生活での体験や感覚、感情を、新たな物語世界に昇華させるように緻密に大胆に作品に展開します。
繊細な筆致で高い密度のマチエールを絡み合わせた画面は、まるで磁器や彫金を思わせるかのような光沢と、刺繍や織物のような重層感があり、それがアクリル絵具のみで生み出されていることに驚きを覚えるでしょう。

活動初期は、少女や動物、おまじないの道具などをモチーフに、幼い頃愛した想像や物語、家族との思い出を「ひとりの世界に潜り、閉じこもる」ための内向的な表現として描いてきました。

それが前回の2019年の個展では、「鍵」を題材に世界が開かれる描写に至った、大きな心境の変化を表わすようになりました。

そして今回、今までのモノトーンの色調でモチーフをゆっくり深く重ねるやり方から変容を遂げます。

黄、青、緑などの色を大胆に試し、ひとつの絵を呼び水に次の絵のイメージが湧くなど、感覚にダイレクトに夢中に絵を描く喜びに立ち返ったのです。
それは、新しい家族ができ、子供が誕生し、猫が亡くなり、愛する存在との日々とその過ぎた時間さえもいとおしい、ささいな日常の美しさが風能に新たな視野と大きな変化をもたらしたといえるでしょう。

「息子が太陽は透明の色をしている、って言ってて、先入観も既成概念もない状態でみる世界というのを感じられて嬉しい。自分まで広がっていく感じがする」
「死んだ猫にも0歳の息子にももう会えない。日々のくだらないことと美しいことと馬鹿馬鹿しいこと。このために生まれた。」(風能奈々Xより)

本展、出展作に関して
ー日常のきらめき、自然、みずみずしい言葉から生まれた新たな物語世界ー

「川根本町で見た星」は、去年の夏から秋にかけて友人家族が帰省した、美しい星空で有名な静岡県川根本町で過ごした時間、景色、想いが描かれています。
一緒に遊んで、夜には流れ星に歓声をあげる奇跡のような楽しい日々。山々は折り重なり、茶畑はこんもりと可愛らしく、心に染み込んだ特別な夏の記憶が作品となりました。

「きれいなドアを見つける」は、そんな夏、友人の娘たちが折り紙の占いを作って書いた言葉であり、なんて美しいのかと感動したことに端を発します。

このシリーズは、組作品の構成が独特ですが、それはかつて風能が毎日描いていたドローイングのノート1ページ分や見開きページと同じサイズとなっています。その馴染んだサイズのおかげでいくらでも描けるという開放感、まるで本のページをめくり、きれいなドアを開けるような心躍る展開が見えるようです。
モチーフは庭の草木から、日記のようなとりとめのない日々の美しさがもとになっており、散文のようなものだといいます。

純粋な存在が発する、思いもよらないみずみずしい言葉たち。まばゆい自然。生命の循環。世界の日常のきらめきへの気づきと喜びを描く風能の作品は時空間を超えた物語世界を奏で続け、私たちの記憶や想像力をかきたてるでしょう。風能の新作をご覧にぜひお越しださい。

風能奈々 Nana Funo

1983年静岡県生まれ。2006年大阪芸術大学芸術学部美術学科油画コースを卒業後、2008年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。現在静岡で制作を行っています。

風能奈々の作品は、風能が幼い頃から愛しむ想像や物語の世界と、高い密度の多様なマチエールが絡み合って、独特で重層的な世界観を生み出しています。鑑賞者は、画面に現れるまるで磁器や彫金を思わせるかのような光沢と、刺繍や織物のような繊細な筆致がアクリル絵具のみで生み出されていることに驚きを覚えるでしょう。

主な個展に「美しく編まれた日々」(高島屋大阪店 6階 ギャラリーNEXT、大阪、2023年)、「祈りに似たもの」(渋谷PARCO Meets by NADiff、東京、2020年)
「触っても触っても遠い」(小山登美夫ギャラリー、東京、2019年)があり、主なグループ展に「NEW NATURE」(PATERSON ZEVI、ロンドン、2020年)、「絵画の在りか」(東京オペラシティ アートギャラリー、2014年)「VOCA展 2009」(上野の森美術館、2009年)があります。作品はアマン東京、ジャピゴッツィコレクション(スイス/アメリカ)、高橋コレクション、高松市美術館、モンブラン GBU ジャパンに収蔵されています。

EXHIBITED ARTWORKS

EXHIBITION

風能奈々展 「このために生まれた」

Jun 8 — 29, 2024

Presented by TOMIO KOYAMA GALLERY TENNOZ 開催中

ARTISTS

VENUE

NOTES

展示会詳細情報はこちら(小山登美夫ギャラリーHP)
http://tomiokoyamagallery.com/exhibitions/funo2024/

情報の掲載等ご希望の際は下記までご連絡くださいませ。また作品画像ご使用の際は、キャプション・クレジットを併記の程、あわせてお願い申し上げます。

プレスに関するお問い合わせ先
Email: press@tomiokoyamagallery.com
Tel: 03-6459-4030 (小山登美夫ギャラリー オフィス)
(プレス担当:岡戸麻希子)

ORGANIZERS

RELATED ARTICLES