3 HEARTS 9 BRAINS BLUE BLOOD

Nov 24, 2022 — Exhibition: Solo
SHARE

2022年11月26日から12月25日まで、Gallery_COMMONではShohei Takasakiの個展「3 HEARTS 9 BRAINS BLUE BLOOD」を開催いたします。本展では、衣服やクチュールの世界から着想を得て、布をコラージュにして用いたペインティングやドローイングの新作を発表し、自己表現の方法やアートとファッションを対照的に捉えているその価値観に問いを投げかけます。Gallery COMMONでは2018年以来、二度目の個展となります。

埼玉県で生まれ、その後アメリカのポートランドとオーストラリアのシドニーに移り住んだTakasakiは、二項対立という幻想と二項の狭間にあるグレーゾーンを探求するような活動を長いあいだ続けてきました。本展でTakasakiは、ファッションをアートと対比的に見せるよう使い、衣服が身体を隠す事態と絵の具がキャンバスを隠す事態とを比較します。

とはいえ、長い時間をかけて行われる絵画の制作に比べ、洋服を着るという行為、すなわち「衣服のコラージュ」は数分とわずかな労力で完成します。この興味深い対比関係が、Takasakiのファッションのもつ「即時性と無意味さ」への関心の元となっているのです。今回、Takasakiは「衣服のコラージュ」を作品に用いることで、ゆっくりと進み、熟考していくような絵画の過程を乗り越えていき、私たちは「即時的で無意味なもの」が与えてくれる自由を感じとれるでしょう。

このように、Takasakiは意識的な思考や意図なしに「自動創造」されることを推奨する、1920年代のオートマティスムの芸術運動から着想を得た技法を用いて制作しています。自ら自分を秒単位の創造行為に投げ出し、思いもよらない結果を生み出すことで、作家は自分の精神的な限界から解放されるのです。伝統的な絵画における高尚な目的を覆すことで、作品を創り出すという行為を、服を着るという行為と同じくらい単純で直接的なものにします。こうした意味で私たちは、アートとファッションを融合させた、より直接的で純粋な表現を見ることができるのです。

EXHIBITED ARTWORKS

EXHIBITION

3 HEARTS 9 BRAINS BLUE BLOOD

Nov 26 — Dec 25, 2022

Presented by Gallery COMMON 開催中

ARTISTS

VENUE

ORGANIZERS