木村剛士 個展 「Deaf Voice – 時間に耐えたくない」

Jul 5 — Aug 3, 2024

Presented by TEZUKAYAMA GALLERY 開催中
SHARE

2024年7月5日よりTEZUKAYAMA GALLERYでは初の木村剛士個展 ”Deaf Voice”を開催いたします。

1980年、東京都生まれ、宮城県出身。多摩美術大学院美術研究科彫刻専攻を修了。
これまで芸術祭を中心に数多くのサイト・スペシフィックな彫刻を発表してまいりました。2020年の六甲ミーツ・アートではテニスコートを湯船と見立てた大型のインスタレーションを発表、ART OSAKA EXPANDED 2023では、名村造船所跡地にて8隻のボートが漂う空間をつくりあげました。どちらも共通している点は彫刻”物”としてとどまっていないところにあります。鑑賞者が彫刻の背景に想いを馳せることで変化する時間軸も作品の一部となるのです。また、時代や環境の変化から発生したエネルギーも木村の作品からは感じ取ることができます。

本展ではまず、作家自身を主点とするミクロな時代(世代)から社会と彫刻の在り方を考察します。同世代だからこそ分かり合えること、世代が変わり引き継がれなかったものをそっとひろいあげた作品が並ぶことは今を観察するための重要な役割を担っているのです。

この機会にぜひご高覧くださいませ。

EXHIBITED ARTWORKS

ARTISTS

VENUE

ORGANIZERS

RELATED PRESS RELEASES

VIEW ALL