Shiori Tono

Artist
Japanese, b. 1994

SHARE
SHARE

BIO

1994年大分県生まれの塔尾栞莉は、尾道市立大学大学院美術研究科美術専攻油画コースを修了し、現在は大分を拠点に活動しています。塔尾は幼少期のアルバムや自身で撮影した写真をモチーフに引用し、ふとした時に思い出される純粋な記憶の大切さと儚さを表現します。日々脳内に積み重なる情報に、過去の思い出たちは押し潰され、時に抽象的かつ断片的なイメージだけが残されていきます。誰しもが持ちあわせる体験に向き合った塔尾は、記憶の曖昧さをデジタル画像の劣化を示すノイズで表し、デバイスの画面を模した画布上に巧みに描出します。モチーフである写真が撮られた年代は様々で、記憶の輪郭が不明瞭であるほど作品へかかる歪みは増大し、より本来の姿を見出すことが難しくなります。しかし、大部分が忘れ去られている思い出の中からも、塔尾は自身の脳内に残る断片部分を拾い上げ、3x3cmのグリッドひとつひとつへ丁寧に当時の思い出に命を吹き込みます。マスキングテープで1列おきにマス目を作り、油絵具を端から淡々と置いていく作業は、現在の塔尾自身を構成しているものたちの存在をキャンバス上へ記録する証明行為なのです。

主な個展に「fragments of memory」MASAHIRO MAKI GALLERY※(東京、2020年)、「あのひの」Gallery Bar 夢喰(広島、2018年)がある他、東京を中心にグループ展に参加。2019年にはART TAIPEIにて台湾で初めて作品が展示され、注目を集めました。
※2020年6月よりMAKI Galleryに名称を変更

ARTWORKS

VIEW ALL

PRESS RELEASES

VIEW ALL

EXHIBITIONS

VIEW ALL